higashimura.jpg

東村 髙良

2016~2017年度

当クラブは、創立以来36年目を迎えます。歴代会長、幹事をはじめ全会員皆様方のご尽力により、信頼と友情に結ばれた素晴らしいクラブに成長しました。

さらなるクラブの活性化という高い目標に向かって、微力ではございますが1年間の任期を全うし、クラブの発展の一助になれればと思います。また本年度は、交換留学生の送り出しと受け入れを、また姉妹クラブとの交流プログラムを行います。

2016~17年度RI会長 ジョン・ジャーム氏は
“Rotary Serving Humanity”(人類に奉仕するロータリー)
という大きな目標に向け、リーダーシップを持ちうる会員を増やし、ポリオ撲滅をはじめ「世界でよいことをする」ため伝統を継承しよう。限界は無い。 
と呼びかけられました。

このRI会長テーマを受け、当地区の

●2016-17年度 第2660地区ガバナー方針は
“The Ideal of service”-ロータリーの根幹精神- と定められました。
RI会長も、「人類への奉仕」はロータリーの礎であり、主な存在理由であると明言されています。
●第2660地区具体的目標
(1)“The Ideal of Service”の基本理念の周知と実践
(2)ガバナー月信のペーパーレス化によるITの促進
(3)ロータリー財団100周年、ポリオ撲滅
(4)戦略計画の推進 (会員増強)
(5)IM再編成

そして

当クラブの活動方針は
(1)交換留学生プログラムを成功させよう
(2)交流と会話のはずむ例会で、ホームクラブの出席率を上げよう
(3)会員増強に努めよう
(4)意義ある奉仕活動に努めよう
(5)姉妹クラブとの交流プログラムを成功させよう
の5点とします。

全会員のご理解とご協力とご支援を、よろしく、お願いいたします。